イベント・行事

まつえ食まつりに出店しました 2018.01.28

松江の食の魅力を観光客や市民の皆さんにPRする「まつえ食まつり」に今年も出店しました。
今回の協議会ブースは、昨年開発支援した「島採れパクチーカレー」を出品しました。カレー工房ダーニャで露店販売用に作った「パクチーカレー」に生のパクチートッピングし、販売しました。
当日は昼過ぎから天気が崩れ、客足が鈍りましたが、たくさんの方に「パクチーカレー」を味わっていただきました。

まつえ食まつり
《日 時》 平成30年1月28日(日)11:00~14:30
《ところ》 JR松江駅前・松江テルサ
《まつえ農水商工連携事業ブース販売商品》
 ・パクチーカレー @300円×80杯=24,000円

宍道町内の学校給食に地元食材を提供しました 2018.01.26

松江市では、経済に限らず域内で生まれた富が域内で循環する「地産地消」をキーワードに地域活性化を図っています。
協議会においても、地域食材のさらなる活用と消費拡大を進めているところです。今回、地域の食文化の素晴らしさを伝えようと宍道給食センターの協力のもと、1月26日(金)の宍道町内の学校給食(来待小学校、宍道小学校、宍道中学校)に地元食材の提供を行いました。
また、来待小学校の4年生23人は、生産者から生産される食材へのこだわりや苦労話を聞き、地産地消の大切さを学ぶ授業を行った後、生産者や保護者らと一緒に給食を味わいました。児童からは「給食で地域のものが使われていることが分かった」「地域の人が大事に作っている。残さず食べたい」といった意見があり、地元食材に対する見識を高めました。

【開催日時】平成30年1月26日(金)11時25分から13時10分
【開催場所】松江市立来待小学校
【献立】(宍道町内の小中学校の全児童・生徒に提供)
 ●スズキのゆず味噌掛け
 スズキ(松江産)・ゆず(島根県産)・赤みそ(宍道町産来待地区)
 ●和牛と大根の煮物
 島根和牛(島根県産)・大根 (宍道町産)・ニンジン(松江産)
 ●宍道野菜のうすくず汁
 ニンジン(松江産)・シイタケ(宍道町産)・白菜(宍道町産)・ほうれん草(松江産)
【生産者】
 宍道湖漁業協同組合 参事 高橋正治氏
 菅原野菜グループ 狩野和由氏
 来待湯治村 渡辺隆史氏
【参加者】
 松江市産業経済部 部長 矢野正紀(協議会副会長)
 松江市教育委員会 副教育長 高橋良次

島根ふるさとフェア2018に出展しました。 2018.01.23

協議会は宍道湖漁業協同組合様、道の駅本庄様、豊島肥糧店様と出展し、開発支援した商品(島採れパクチーカレー、美肌の国のしじみ玄米リゾット、郷の彩、赤貝めしの素)の他、宍道湖産生しじみ、中海産赤貝のPR販売を行いました。2日間とも天候に恵まれ来場者も多く、多数の方にお買い求めいただきました。
また、屋外で行われた「しまねあつあつ屋台村」では、株式会社3UN3UN様により、松江の新たな名物を作ろうと島根県立大学と連携して開発した「まつえ宝刀」の販売が行われました。来場者の好評を博し、お客様から来年も是非来て欲しいとの声もいただきました。

日時:平成30年1月20日(土)10:00~17:00
   平成30年1月21日(日)10:00~16:00
場所:広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)
来場者:161,000人
協議会ブース出展品目:
●宍道湖漁業協同組合(松江市袖師町6-9/TEL.0852-21-3391)
宍道湖産生しじみ
●道の駅本庄(松江市野原町401―8/TEL.0852-34-1528)
干し柿・赤貝めしの素・ドライフルーツ(西条柿・りんご・梨)・島根大学製ジャム(いちご・ブルーベリー・ゆず)・島根大学製トマトジュース・郷の彩(西条柿・ブルーベリー・いちじく・ゆず・いちご・プレーン)・野菜など
●豊島肥糧店(松江市八束町波入510/TEL.0852-76-2643)
島採れパクチーカレー・美肌の国のしじみ玄米リゾット・大根島の大根ゴロゴロカレー・パクスコ(パクチー調味料)・大根島産お米・パクチー入浴剤

「美肌の国のしじみ玄米リゾット」の市長披露会について 2018.01.18

宍道湖産のしじみと大根島(八束町)産のお米(イセヒカリ)を使ったリゾットが完成したことから、松浦市長に披露しました。
市長からは、「しじみの出汁が利いて、大変おいしい。玄米もちょうどよい硬さで食感がいい」との感想をいただきました。

【商品名】美肌の国の玄米リゾット
【価格】800円(税別)
【販売について】豊島肥糧店、大根島産直市、由志園、八百万マーケット、米子空港売店(1月20日(土)~)
        また、1月20~21日に広島市で開催される「島根ふるさとフェア」でPR販売を行います
【開発経緯など】
●大根島のお米と宍道湖のしじみを使って、大根島をPRする土産物を新たに作りたいと考え、農水商工連携コーディネーターへ相談されました。お米が硬質米であることから、リゾットやピラフといった料理に合うお米であること。また、しじみのお土産物は和風のものが多いことから、現在「まつえ宝刀」のレトルト商品化で連携している株式会社シャトランと相談し、玄米リゾットの開発をすることとなりました。8月以降試作を重ね、今回商品化の目途が立ったことから、「美肌の国のしじみ玄米リゾット」の披露会を開催することとなりました。
●玄米に使われている大根島産の「イセヒカリ」は、平成元年に伊勢神宮の神田で偶然発見されたものです。この米は「コシヒカリ」の突然変異種で、発見された経緯から「神様のお米」とも呼ばれています。「コシヒカリ」と比べてお米の美味しさを数値化した食味値が高く、硬質米のためリゾットに合うお米です。
●商品は宍道湖産のしじみをふんだんに使い、しじみの旨味が利いているため、普段家庭で食べにくい玄米もとても食べやすい味です。レトルトパックのため調理も簡単で軽量のため、お土産に最適です。
●また、玄米は白米に比べ、食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含むことから、美肌効果やデトックス効果に期待ができます。
【披露会について】
≪日時≫ 平成30年1月18日(木)10:30~11:00
≪場所≫ 市役所応接室

本庄産果物を使った「スティックスイーツ」の披露会について 2018.01.09

本庄産の果物を使い、マドレーヌの生地をベースにしたスティック状の焼き菓子が完成したことから、松浦市長に披露しました。
市長からは、「味や食感が果物ごとに違い特徴があってとてもおいしい。」との感想をいただきました。

【商品名】郷の彩(さとのいろどり)
【価格】1本270円(税込み)
    箱詰め4本セット1,200円(税込み)
【販売について】道の駅本庄(1月20日(土)~)
        また、1月20~21日に広島市で開催される「島根ふるさとフェア」でも販売を行います
【開発経緯など】
・本庄地区では、西条柿を中心に様々な果物を栽培しています。そうした果物の加工品を一つのパッケージにまとめたお土産品を作ろうと考え、今回の焼き菓子を開発がスタートしました。
・昨年9月ごろから、果物の素材の味や色を損なわないよう、何度も試作と試食を積み重ね、今回商品化に至りました。
・商品は、西条柿・柚子・イチジク・ブルーベリー・イチゴ・プレーンの6種類で、西条柿・柚子・イチジク・ブルーベリーの4種類については、本庄道の駅のキャラクターが記された可愛らしい専用の箱に詰め、セット販売します。
・素材を干し柿だったり、ジャムにして使ったりと果物によって使い分けているため、食感や味は果実ごと異なり、果物ごとに楽しめます。
・道の駅本庄に訪れる観光客や帰省客のお土産品として、1月20日から販売します。
【披露会について】
≪日時≫ 平成30年1月9日(火)14:00~14:30
≪場所≫ 市役所応接室

「まつえジビエ・宝刀鍋スープ」の試食会をしました 2017.12.19

 協議会は八雲産の猪肉と忌部産の米粉麺を使い、松江の新たな名物を作ろうと島根県立大学(籠橋研究室)と連携し、「まつえジビエ・宝刀鍋スープ」の開発を行いました。平成29年2月に「松江食まつり」での試験販売を、5月には「松江の食材を」紹介し地産地消の推進を図る目的で、「宝刀鍋スープ」を島根大学附属小学校の学校給食へ提供を行っています。
 「宝刀鍋スープ」のレトルト商品化を進め、試作品が完成したことから、生産者や協議会のメンバーなど関係者を交え試食会を行いました。
 試食者からは、しじみの出汁の味が濃くとてもおいしい、米粉を使った宝刀は食感がよい、寒い季節に食べるのにちょうどよい、といった高評価を得ました。
 今後、詳細を詰めていき、今年度中の商品化を目指します。

日時:平成29年12月19日(火)11:30~12:00
場所:JAしまねくにびき地区本部本店

「お茶粉末」活用コンテストパネル展示を「松江歴史館」で開催します 2017.11.14

 10月25日に開催しました「お茶粉末」活用コンテスト審査会の様子や出品作品を紹介したパネルの展示を下記のとおり「松江歴史館」で開催します。

 パネル展示をとおして、「お茶」に対する関心を深めていただき、松江の「茶の湯文化」を市民の皆さんと一緒に盛り上げていければと思います。
 なお、「活用コンテスト」パネル展示の観覧は無料です。皆様のご来場をお待ちしています。

【開催日時】平成29年11月14日(火)~27日(月)(松江歴史館の休館日・開館時間については下記のリンクからご確認ください)
【場  所】松江歴史館 玄関ホール

松江市農林水産祭に出店しました 2017.10.30

 10月29日に開催された農林水産品や加工品などの即売イベント「松江市農林水産祭」に出店しました。

 農林水産祭の開会式後のイベントとして、10月25日に開催した「お茶粉末」活用コンテスト優秀作品の表彰式を特設ステージで行いました。
 また、協議会の出店ブースではコンテストのパネル展示や物販を行い、コンテストの優秀作品である園山浩史さん(トラント・サンク)の「松江焼き ほうじ茶&栗」試作販売や「パクチーカレー」など協議会が開発支援した商品のPR販売を合わせて行いました。
 あいにくの天気でしたが、たくさんの来場者の皆さんにパネル展示を見学いただき、「お茶」に対する関心を深めていただきました。「松江焼き ほうじ茶&栗」と「パクチーカレー」についてもお昼過ぎには完売となりました。